自分の母親を殺した『ダイアリー・オブ・ア・ウィンピー・キッド』の俳優、刑務所での残虐行為を恐れる

ライアン・グランサムの弁護士は、刑務所の収容には年齢、体格、精神状態のすべてを考慮する必要があると感じています。